川島 由次良のちょっくりブログ

役者 川島由次良のofficial blogです。公演情報だけでなく、ちょっくり思いついたことや、ちょっくり書いてみるか。と思ったことを書き残すブログです。

本当に大切な仲間って?

 

 

どもー、ちょっくりちゃ、川島由次良(ゆうじろう)です。

 

今日は、ローテンションで文章を打っています。

 

ローテンションというよりは、より日常の僕に近いのかな。

 

 

今日、久しぶりに、大好きな、大切な仲間と、手料理ご飯をした。

 

 

昨年、初舞台を踏んだ時に、同じように初舞台を踏んだ山田君とりーちゃん。

 

この二人だ。

 

 

僕らは、凄く仲がいい。

 

 

まぁ、知っているか。笑

 

 

りーちゃんが二十歳を迎えた時も、3人でハッピーバースデーをした。

 

 

餃子パーティーをしたり、とにかく楽しい。

 

 

去年、舞台で悩んだ時、この2人には、いつも相談していた。

いや、舞台だけじゃない。たぶん僕は自分が寂しくなった時や

何か情けなくなった時、この二人に支えられていた気がする。

 

 

きっと、僕はこの二人に横柄で、偉そうなことも沢山言っているんだろう。

 

 

でも、この空間はそれを良しとしてくれる。

 

本音を話している。互いに気を利かせる必要がない。

 

凄く楽な空間。

 

 

みんな優しいから、誰も誰かを傷つけることは言わない。

というか、根っからそういうことを言う人間ではないから、こうやって一緒にいて楽しいんだと思う。

 

 

 

半年ぶりくらいに集まって、料理をしながら動画を撮って、写真を撮って。

話をしていたんだけど。

 

 

今まで、ポツンと一人ぼっちになっていた僕の心を二人が埋めてくれた気がした。

 

そして、そのポツンはただ停滞していたわけではなく、

それぞれがそれぞれの境遇で成長していて、それぞれいい顔つきになっていく。

良いポツンである事をも知れた。

 

 

山田君は、なんだろうか、より映像役者の顔になっていたし、

りーちゃんも、女優の顔になってきている。

 

 

あぁ、自分も置いていかれたくないな。と、そういう感情もありつつ、

焦るわけでもなく、自分の思う方向に一歩づつ前進していけばいいと知れる。

 

 

 

want to と have to 

 

 

したいと、しなければならない。

 

 

エゴになりすぎず、でも、操り人形でもない。

 

それが役者の仕事。そこに、個々のしなければならない事への認識の差と、

個々の違う、したい。

 

互いに話していく事で、そんな素晴らしい、役者の心の内を話す。

なかなか哲学的なのかもしれないし、論理的だったりもする。

 

 

自分が目指す表現とはなんなのか。

 

 

それをお互い違う方向性をもっていることで、刺激となって。

また、何かを得る。

 

そして、その座談が楽しいのだ。

みんな知りたいと思う内容かもしれないけれど、

きっと動画に撮ったら、お仕事感出てなんだか今とは違うものになってしまう。

 

 

再認識の場であり、再構築の場であり、お互いを感化する。

こんな仲間がいる事への感謝と、ここから繋がる縁の大切さを噛みしめて、

また、明日から僕は僕の道を切り開いていく。

 

 

さぁ、今日はもう遅い。寝よう。

 

 

また、明日。

 

あなたにとって、新しい大切な縁が生まれる事を祈っています。

 

f:id:yujirofficial:20190403021519j:plain

大切な仲間

 

 

www.kawashimayujiro.com

 

 

 

令和

 

 

昨日、私の初舞台シリーズの

マネージャーシリーズが節目を迎え、

終演いたしました。

 

 

色々あったなぁー。

 

ちょうど、去年の今頃、STARバーの星野さんのお花見に行って、知り合って。

 

 

そこから5月のSTARバーの稽古に入って、右も左も分からない僕を信也さんが教えてくださって。

 

そこから、トントン拍子に舞台に出演して、合計6本の舞台と2本の映画をマラソンした。

 

 

今は絶賛、9月末に向けて、

制作中のプロジェクトを動かしていて!

 

早くお披露目をしたいけれど、

準備中なのでまだ言えず。

 

あぁー、楽しく生きてんなー!

 

 

もがいてばっかりだし、頭悩ませる事いっぱいだけど、前進するために必要な悩みばかり。

 

新年号も 令和 に決まって、いよよ、

令和元年 に、新しい試みを打ち出すことができるのはとても幸せな事。

 

よし、今日も気張って生きやす!

 

みんなも、平成最後の1ヶ月、走り切って下さいませ!

 

ばいっ!

日常。

 

何不自由なく生きている。

 

桜が咲いたね!と子供の声が聞こえ、

ほんとだね!と手を握って答えている。

 

鉄の箱に運ばれ、移動する。

 

この車窓からは、日常が見える。

 

 

陽の温もり、人の笑み、技術発展による工作物。

 

 

でも、この彩から掛け離れたように感じる、死。

 

 

胸糞悪い自殺。

 

 

車窓が止まる。音も光もその場に留まり、暗転する。

 

 

こんなにも色があるのに、たまに見るこの白黒の風景はなんなのか。

 

絶望するわけでもなく、日常から乖離する。

 

人の生と死。

 

 

その奥にある光のような、掴むことのできない、記憶のようなものを、たまに追いかける。

 

 

その世界に音をつけたら?

その世界を表現したら?

 

 

芸術はそんな掴めない何かを感じる。

 

生と死。

 

 

 

絶望。

 

 

そこに、一歩の光を落としていく。

岐路に立つ。

 

光はやがて道となる。

 

 

また、書くのを忘れるやつ

 

 

どーもー!ちょっくりチャチャチャ。

 

 

川島 由次良です!

 

また、書いてなかった笑

 

 

あぁああ、毎日書くって決めたのに〜!

 

明日からまた頑張ります笑

 

 

最近はですね、えぇ、っと、

 

色々やってんですけど、これといって進行段階であまり話せることがないのですよねー。笑

 

 

あ、あった!!!!

 

 

4/6 お花見やるよ!🌸🍡

 

f:id:yujirofficial:20190328141112j:image

 

 

どう?↑ 1時間で作ったぜい!

 

マウス何処かに行ってしまって、

めっちゃ悪戦苦闘したよ!

 

でも、作ったよ!作ったんだよっ!

 

 

今後はイベントを定期的に打ちたいなと思っていて、というのも役者だけでなく、色んな人と関わりを持てる、繋がりを持てる場作りをしたいな!と、思いまして!

 

 

本当は、都内に古民家でやっすく借りれて、DIY可能で!

 

みたいな楽園を作れたら最高なのだけど、取り敢えずはみんなでイベントをやろうかなと!

 

 

まぁ、詳しい話は花見に来てくださいまし!

 

 

鋼鉄の棺で共演した、翔ちゃん が簡単に料理を作ってくれるみたいだし、楽しい宴会になるんじゃないかな!?

 

 

また、色々、出し惜しみせず、出し惜しみして公表します笑

 

 

(どっちやねん!)

 

という事で、またねー!

 

待ってるよー!

 

参加連絡はDMか、

リプか、なんでもください!

 

ちゃお!

忍 たい ってやつ

 

 

ちょっくりちゃー、川島由次良です!

 

ね、ブログやっぱり3日坊主になってた。笑

 

 

まぁね、いいか。←良くねぇよ

 

 

はいはーい!

 

 

そんな僕ですけど、

 

3月の舞台鋼鉄の棺を終えてもう2週間が経とうとしておりますが、

 

ガツガツ活動してまっせ!

 

 

 

というのも、

 

 

役者 活動ではないのだけど、

 

 

とにかくやってるんですわ。笑

 

来月か、再来月頃には、

 

発表できるかな!!!

 

 

 

 

あぁー、発表出来ないもどかしさ。

 

舞台見終わってめっちゃ面白くて、

 

でも、ネタバレ出来ない時ってこんな感じなんだろうな!笑

 

 

兎にも角にも、楽しみにしててね!

 

 

あ、タイトル回収してなかった笑

そのまま終わるところだったよ。笑

 

いやね、何かをやる!ってのは大変だな!って思ったの。改めてね。

 

今やってることもなかなか大変な事が多くてさ。

 

舞台もひたすら己と戦うでしょ?

 

いや、まぁ、戦うんだけどさ。

 

人生の良し悪しっていうか、

何かをする上で大切な事ってのは、

 

どれだけ自分に向き合って、

どれだけ己と戦い続けられたか?

なのかな。って。

 

いや、精神論云々じゃなくて。

頭もフルに使うんだよ!?

 

精神論だけでやって行けるほど、

この世の中って甘くないから笑

 

逆に精神論だけでやれる人は本当に心から凄いと思う。

 

俺は、スーパー心が弱いからさ。

 

今までずっと逃げたりもしたし、

なにかと言い訳つけたりね。

 

自分で始めた事だったのに。

 

もう、そういうのやめよって思って。

かっこ悪いしさ。

 

きっとね、あぁー面倒やぁー!

いややー!!って弱音吐いてイヤイヤ病を発症させる時もあるんだろうけどさ。

 

やるために今一生懸命走ってるからさ、

今の最速で完走しようって思うのね。

 

人生のゴールは永遠に見えないけどさ。

 

その時その時のゴールまでは、走れるじゃん!?

 

今年は答えがあまり出ない。いや、

出るまでに時間がかかる事を始めたからさ、このタイトルにしたさ。

 

でも、 忍耐の たい を、平仮名にしたのは、 耐えるの嫌いなのよ。

どうせなら、それをも楽しみたいから。

平仮名にしてみた。

 

あ、それと、同時に頑張るのも嫌い。

頑張るって、なんか我を張るみたいに聞こえるし。

 

だから、俺はいつも気張るって言ってるのよね。気を張る。張り詰める。集中する。

 

故にね、俺も気張って楽しく、

苦しい状況でもやるけん!

 

きっと面白くできるのは自分次第だから、みんなも楽しんで!

 

きっと、ゴールで襷を渡す時や、

ゴールテープ切った時は一時かもだけど、絶対快感だからさ。

 

そして、いつも誰かが居てくれているのを知ってるから、感謝だな。と。

 

何も自分1人では絶対に出来ないから。

特に俺は。自分1人では何も出来ないから。

 

 

ありがとうございます😊

 

 

 

それじゃぁ、みんな、また会おう!

 

またね〜!!!

 

 

p.s.

 

オメェら、ラジオ聴けよーっ!( ゚д゚)

 

 

(聞いて下さいね♪ )

 

舞台「鋼鉄の棺」を終えて

 

 

ちょっくりちゃー🍵

 

皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

 

川島由次良(ゆうじろう)です!

 

 

先ず、御礼を申し上げさせて下さい!

 

2/26〜3/3に公演しておりました

壱人前企画 vol.10「鋼鉄の棺」

 

無事、皆様のおかげで全行程終了致しました。

 

御来場賜りました皆様、応援してくださった皆様、照明の申さん、音響の牛居さん、制作の潮田さん、他スタッフの皆さん、脚本家の永山さん、演出家の仁井さん、本当にありがとうございました!

 

 

今回の舞台は全11公演の舞台だったのですが、ほぼ全ての回が満席でした!

 

満員御礼‼️とは、この事だ!と。

 

本当にありがとうございます!

 

 

--------------------------------

 

今回の「鋼鉄の棺」は私の初の主演作!

であり、鍛えられた舞台でした。

 

相手を思いやる克己復礼の精神、

人間性の向上を徹底的に鍛える所から始まった舞台でした。

 

 

戦争というお話という事もあり、

本当にお互いを、仲間を大切にする精神、根本を鍛え、お芝居を磨いていきました。

 

稽古は、正直厳しく、毎日毎日心と体がボロボロになり、血反吐が出るほどです。

 

舞台が終わったので、思う存分その時の心情を語れるのですが、稽古期間中、何度、夢でも魘された事か。。。

 

 

この舞台の稽古初日、いや、2月上旬までは、ただ苦しく、何故こんな辛い思いをしなきゃならないのか。単に芝居をするということがイヤでイヤで仕方がなかった。自分から逃げていたんですね。

 

自分の弱さ。

心の何処かでこれくらいでいいだろう。という甘え、自分の役から目を背けていた時期がありました。

 

しかし、やはり何というのでしょうか。

 

甘える自分を律し、自分と向き合う事の大切さを、この鮎川という役は教えてくれた気がしたのです。そして、そこに気づかせてくれたのは、仁井さん、座組のみんなでした。

 

1番最初は、きっと座組の全員が全員責任を放棄したくなった。一番最初に赤組の篠原君が発起して克己復礼の精神を背中で見せてくれ、赤組の鮎川である賢君が、赤組が、青組のみんなが、自分が。 と、少しずつ眼を覚ましていきました。

 

お芝居に対する、演じる事への責任は持っていたつもりだったのですが、全然、全くと言ったいいほど甘かったんですね。

 

きっと座頭なんてちゃんちゃらおかしかったとそう思います。

 

ちゃんと向き合うようになるまで、時間がかかった。でも、その後は、自然と役に向き合う事が出来た。

 

お客様に凄い!素晴らしい!最高だった!と言ってもらえるものを作れるのか?自分たちで試行錯誤しようと変わっていったんです。やっと役者の仕事をし始めた。

 

そこから、少しずつ芝居が向上していきました。

 

 

ですが、私は小屋入り前日まで鮎川の心を理解して演じる事が出来ず、最後の最後まで本当にどうしようかと思った。

 

 

 

しかし、自分の中で心の整理がついたのか?

 

本番直前でやっと鮎川を少し理解する事が出来た。

 

未だに、あの鮎川少年を演じきれてはないないけれど、少しは彼の生き様を伝える事が出来たかな?と思います。

 

自分の未熟さ、芝居に対する意識の低さ、物を作るということの緻密さ、難しさ、心の紡ぐ大切さ、総じて、全てが学びでした。

 

こんな私ですが、お客様に何か鮎川の想いを、作品の想いを1つでも心に残す事が出来ていれば幸いです。

 

そして、最後に座組のみんなに本当に感謝を伝えたい!

 

 

 

ありがとうございました!

 

 

 

これまで以上に素晴らしい!

心を動かす事のできるお芝居ができるよう日々、精進していきたいと思います。

 

今回学んだ事を忘れず、自分のベースになるようにしていかねばなりません!

気張りますっ!

 

 

皆様、

本当にありがとうございました。

 

f:id:yujirofficial:20190304190112j:image

 

鮎川 美津雄 役  青組

川島 由次良

 

艱難汝を玉にす。

今愛和一体となりていざ行かん。

 

 

http://www.kawashimayujiro.com/

 

 

 

 

自分の世界観をアップデートしていく必要性

 

 

皆さん、ちょっくりちゃ!

 

川島由次良(カワシマ ユウジロウ)です。 

久しぶりに僕の頭の中を紐解いたブログを書いてしまった。笑

楽しく読んで頂ければ嬉しい!

 

_______________________

 

バレンタインが過ぎ去り、今日もみなさん変わらず日常を過ごしていることと思います。

 

渋谷駅の前では、カップルが今日も手を繋ぎ、雑多に紛れて、街を歩いている。

 

初めて東京に来た時、街並みが1つの芸術のように思えた。

まるでライブ会場のサイリウムに包まれた感覚だ。

 

人の声と街の騒音が混じりあって特別な空感を作っていく。気づかないうちに魅了されていく。

 

でもいつのまにか、それは日常となり、自分も街のパーツとなっていた。

 

 

あの中で僕らは何を思って生きてきたのだろうか?

あの無尽蔵に湧く人の中で、スポットライトを当てるとはどういうことなのか?

そんな風に景色を眺めていると、1つの言葉が僕の頭をよぎった。

 

 

自分の世界をアップデートせよ

 

 

今回は、自分の世界をアップデートするために

 

「生き方」をテーマとして自分の考えを書くことにした。

 

お時間のある方は、是非お付き合い頂けたら嬉しい。

 

日々、カルチャー雑誌やキュレーションサイトを見ていると、その人の仕事の流儀や文化・スタイルなどが掲載された記事を多く目にする。

 

僕もそういった雑誌が好きで、よく買っては読んでいる。

 

日頃読んでいる雑誌・メディアを載せておこう。

(POPEYE、CASA、&PREMIUM、ナタリー、CINRA.NET 、etc....)

 

単純に「生き方」といっても、領域が広すぎるので、今回はその中でも「思考からの行動」というプロセスについて着眼を当て紐解いていこうと思う。

 

思考からの行動

 

雑誌のインタビューを覗くと、その多くが、どう活動にアプローチをしているのか?という「思考部分」を、深堀しているものが多い。

 

このような活動を始めた経緯は?

今回の作品を作るにあたってのテーマは?

そのテーマはどのようなバックグラウンドから来たものなの?

 

これらを見てわかる通り、僕らは必ず、思考してそれを行動に移している。

 

もっとわかりやすく言えば、お腹がすいたな!と思考する(想う)から、

ご飯を食べようか!となる。そこから、外食にするか?それとも自炊をするか?

それとも、ただ飯を食べようか?

 

それと一緒だ。

 

 

その思考の仕方・発想の仕方が違うから、面白いし、人は好みをもつようになる。

 

しかしながら、この思考の違いの善悪の線引きはとても難しい。

 

自分では良いと思う感性も、人に理解されない事は大いにあるし、

群れる事でそれが善に変化することもある。

 

プラスして、厄介な事にこのボーダーは常に変化してしまう。

 

いい点を挙げるとしたら

ネット世界が広まり、マジョリティの中のマイノリティーがうける様になったことだろうか?

 

しかし、入口は寛容になったが、評価はその分手厳しくもなっていると思う。

 

認められない事への怖さ、はみ出す事の怖さ。が取り巻いている。

 

しかし、このはみ出し作業こそが、僕は、

人を魅力的にアップデートさせる要因だとも思っている。

 

自分の人生観を変えていく事、これこそがその人を新しく構成していき、その人の味になると思うのだ。

 

自分の世界観をアップデートする

 

今やっている僕の活動のパターンは大きく分けて2つ。

 

(僕はこれをドリンクバー作業と名付けているがそれは、また別の機会に。笑)

 

1つ目は、編集と提供(僕にとって役者などがこれに当たる。)

 

2つ目は、創造と提供(自主企画イベントや音楽・染色など)

 

1つ目は編集と提供の作業だ。これは、他人の善を自分に置き換えていく作業。

これは自分の感性ではない部分を持って行かなきゃいけないのですごく難しい。

プラスして、自分らしさを損なってもいけない。

しかし、引き出しを増やしたり品定めの目を手に入れるには、

とてもいい作業だと思っている。

 

2つ目は、創造と提供だ。

これが本題である。1つ目は云わば、大放出の場ではなく、見本となったパズルを観察し、適当となるパズルのピースをあてがう作業。だが、2つ目の作業はそもそものパズルを作る作業からなのだ。ピースをどうわけるのかも自分で決める。

 

だが、僕はこの作業の方が個人的には好きだし、本質的にその人の価値を大きくするのはこの作業だ。

 

もちろん、最初は大した引き出しはないから、凄い物は作れないかもしれない。し、他人から評価を貰えないから萎えることもあるだろう。

 

でも、その中で自分を信じ、自分の感性に従う事。そして、その感性に従いながら、作品を作っていき表現する事、これが何かを作っていくには必要なんじゃないだろうか?

 

今、僕は22歳という年になって、高校を卒業してからたくさんの物を蓄積編集してきた。今年と来年は、そこで一度、これまでに第一章として区切りをつけて、創造と提供の作業に力を入れて行こうと思う。

 

具体的な案はすでに上がっていて、少しづつ進めている。

これからが楽しみで仕様がない!!!

 

情報解禁はまだできないが、楽しみにしていてほしい!

 

 

そして、+αで重要なのが、この二つの作業を交互にこなしていく事。

あわよくば同時進行する事。引き出しを増やし、大放出をする。

inputからのoutputというものだ。

 

(僕は、あまりその辺は器用ではないので同時進行とまではいかないと思うが、

できるだけ同時進行しようと思っている。)

 

最後に

 

さて、ここで考えてみて欲しい。

改めて、自分の生き方を分析、分解し、

再構築する作業を頭でした時に、inputとoutputが入っているだろうか?

 

自分の世界をアップデートする事で、自分に今足りない事、また新しく作り変えるための材料が何かを知る事もできる。

 

この繰り返しが、自らが作るコンテンツ(自分を含む)のクオリティを確かに

 

する要因ではなかろうか??

 

______________________

 

と、まぁ、僕はこんな風に考えておりまする。笑

 

まぁ、やり方はいろいろだし、僕は結局自分の感性でいいと思う事・物を

突き詰めたいと思ってるから、今後はそうやって自分を表現していきます!

 

結果的にこれは、一つ目にもいい影響が必ず出てくると思うし!

 

こんな風に生きて行けば、ちゃんとスポットライトを当てることができるんじゃないかな?笑

 

先ずは、結果をださなきゃな!

 

 

 

それでは、またね。

 

 

______________________________

 

お問い合わせは、オフィシャルサイトのcontacページから

 

www.kawashimayujiro.com

twitter.com

 

川島由次良 official - YouTube

(ラジオ:川島由次良のちょっくり一休み 放送済み一覧)